疲れを明日に持ち越さない「食の体内時計」

例えば、最近よく眠れない・疲れが取れないとお悩みの人。もしかしてその日その時で朝・昼・晩の食事の時間がまちまちではないでしょうか?いくら決まった時間に寝て起きていても「食の体内時計」が不規則では疲れは抜けません。

 

理想的な「食の体内時計」は起床後2時間以内に朝食を済ませ、夕食を朝食の12時間後に摂ることです。
朝7時半に朝御飯を食べたら晩御飯は夜7時半ですね。
どうしても遅くなるという日は「夕方頃に軽食を摂り、夜は控えめに済ませる」と2回に分けて食べるとよいでしょう。

 

 

痩せるためなら3食きちんと食べよう

ダイエットのために朝を抜いたり1日1食健康法を実践する人も多いと思いますが、それは思ったほど効果は出ないでしょう。
何故かと言うと、防衛本能で欠食した時間帯は消費カロリーを節約するからです。そして昼食や夕食の後脂肪の合成が促進される…翌日欠食すると想定される時間帯のために。

 

それなら1日3食きちんと決まった時間に食べて夜食に手を出さないことの方が大事です。脂肪の合成に関係する体内物質が活発になるのが午後10時〜午前2時だからです。

 

 

健康とダイエットによい食事の順番があります。

献立にごはん・肉または魚・サラダ・味噌汁があるとします。
さて、どの順番で食べると身体によいでしょう?

 

最適解は味噌汁→サラダ→肉か魚→ごはんの順です。

 

最初にお腹に溜まりやすい水分の多い汁物を食べると、満腹感を得やすくなります。

 

次に食物繊維の多い野菜を食べると血糖値の上昇と脂肪の吸収を抑えやすくなります。また野菜にたっぷり含まれるビタミンには美肌効果もありますしね。

 

そしてタンパク質いっぱいのメインディッシュ→炭水化物の順。
タンパク質は納豆や豆腐などの大豆製品で摂ってもよいでしょう。

 

炭水化物が最後である理由は、最初(空腹時)に食べると血糖値が上昇しやすく脂肪もつきやすいからです。
また身体が糖化し老化も早めます。アンチエイジングの観点からも上記の順番を習慣にすることを勧めます。

 

レストランなどで外食するときもスープやサラダをサイドメニューにつけるとよいでしょう。